外国人の就労ビザ、ビザ申請、日本国籍の申請/手続きは大西法務労務事務所

大西法務労務事務所
トップページへ トピックス 外国人・ビザ・入管・国籍手続 労務管理手続 外国会社の日本支店・会社設立 事務所案内

外国人のビザ・入管・国籍手続の目次


2.社員、管理職として外国人を採用したい


手続
(1)

新規に就労許可を取得して外国から赴任してくる場合
日本の受入事業所と外国人が雇用契約(労働契約)を締結し、ついで次の手続をとる。
@.法務省入国管理局に在留資格認定証明書交付申請をし、同証明書を取得する。

A.同証明書を来日希望外国人に送る。

B.外国人はパスポート、写真と同証明書を現地日本大使館・領事館に持参してビザ申請し、取得する。 この際在留資格認定証明書は返却を受け、大切に保管する。

C.ビザを取得したら、それを持って来日する。空港で入国審査官にパスポートと在留資格認定証明書を渡し、 パスポートに上陸許可の証印を押印して貰い、入国する。なお在留資格認定証明書は入国審査官が取る (同証明書と引換えに就労許可の証印を貰う)。

※在留資格認定証明書の日付が3ヶ月以内に入国しなければならない。

(2) 日本国内の同業他社に就労中の外国人の転職
入国管理局に就労資格証明書交付申請をし、同証明書を取得する。
(3) 日本で就労中の外国人が異なる職種に転職する場合
入国管理局に在留資格変更申請書を提出し、目的の業務に就くことができる在留資格に変更する。
(4) 就労以外の目的で日本に在留中の外国人を雇用する場合
入国管理局に在留資格変更申請書を提出し、目的の業務に就くことができる在留資格に変更する。
目次に戻る ページのTOPに戻る

3. 会社を設立して経営する、既存の会社の経営権を取得して経営する


手続
(1)

外国にいる外国人が日本において事業経営を始めたいとき
事業所を開設して事業を開始し、ついで告ぎの手続をする。
@.法務省入国管理局に在留資格認定証明書交付申請をし、同証明書を取得する。

A.同証明書を来日希望外国人に送る。

B.外国人はパスポート、写真と同証明書を現地日本大使館・領事館に持参してビザ申請し、取得する。 この際在留資格認定証明書は返却を受け、大切に保管する。

C.ビザを取得したら、それを持って来日する。空港で入国審査官にパスポートと在留資格認定証明書を渡し、 パスポートに上陸許可の証印を押印して貰い、入国する。なお在留資格認定証明書は入国審査官が取る (同証明書と引換えに就労許可の証印を貰う)。

※在留資格認定証明書の日付が3ヶ月以内に入国しなければならない。

(2) 在日の外国人が事業経営を始めたいとき
@.会社を設立し、事業所を開設して事業を開始する。
A.入国管理局に在留資格変更申請をし、「投資経営」の在留資格を取得する。
目次に戻る ページのTOPに戻る

4.在日外国人の家族を呼寄せたい、子供がうまれた


手続
(1) 家族を外国から呼寄せたい。
次の手続をとる。
@.法務省入国管理局に在留資格認定証明書交付申請をし、同証明書を取得する。

A.同証明書を来日希望外国人に送る。

B.外国人はパスポート、写真と同証明書を現地日本大使館・領事館に持参してビザ申請し、取得する。 この際在留資格認定証明書は返却を受け、大切に保管する。

C.ビザを取得したら、それを持って来日する。空港で入国審査官にパスポートと在留資格認定証明書を渡し、 パスポートに上陸許可の証印を押印して貰い、入国する。なお在留資格認定証明書は入国審査官が取る (同証明書と引換えに就労許可の証印を貰う)。
※在留資格認定証明書の日付が3ヶ月以内に入国しなければならない。
(2) 子供がうまれた
@.出生証明書をもって市・区(町村)役所に行き、外国人登録をする。
A.在日大使館・領事館でパスポート申請をする。
B.入国管理局に在留資格取得許可申請をする(出生から30日以内、パスポートができていなくてもよい。)
目次に戻る ページのTOPに戻る

6.コックを雇いたい


手続
レストランとコックが雇用契約を結び、ついで以下の手続をとる。
@. 法務省入国管理局に在留資格認定証明書交付申請をし、同証明書を取得する。
A. 同証明書を来日希望外国人に送る。
B. 外国人はパスポート、写真と同証明書を現地日本大使館・領事館に持参してビザ申請し、取得する。 この際在留資格認定証明書は返却を受け、大切に保管する。
C.

ビザを取得したら、それを持って来日する。空港で入国審査官にパスポートと在留資格認定証明書を渡し、
パスポートに上陸許可の証印を押印して貰い、入国する。なお在留資格認定証明書は入国審査官が取る
(同証明書と引換えに就労許可の証印を貰う)。

※在留資格認定証明書の日付が3ヶ月以内に入国しなければならない。


目次に戻る ページのTOPに戻る

7.家事使用人(メイド)を雇いたい


手続
メイドと雇用契約を結び、ついで以下の手続をとる。
@. 法務省入国管理局に在留資格認定証明書交付申請をし、同証明書を取得する。
A. 同証明書を来日希望外国人に送る。
B. 外国人はパスポート、写真と同証明書を現地日本大使館・領事館に持参してビザ申請し、取得する。 この際在留資格認定証明書は返却を受け、大切に保管する。
C.

ビザを取得したら、それを持って来日する。空港で入国審査官にパスポートと在留資格認定証明書を渡し、
パスポートに上陸許可の証印を押印して貰い、入国する。なお在留資格認定証明書は入国審査官が取る
(同証明書と引換えに就労許可の証印を貰う)。

※在留資格認定証明書の日付が3ヶ月以内に入国しなければならない。

目次に戻る ページのTOPに戻る

8.芸術、芸能、文化の分野の活動をしたい


手続
C については、出演契約を結び、ついで下記の手続をとる。
D にいつては、指導者との取決めをし、ついで以下の手続をとる。
@. 法務省入国管理局に在留資格認定証明書交付申請をし、同証明書を取得する。
A. 同証明書を来日希望外国人に送る。
B. 外国人はパスポート、写真と同証明書を現地日本大使館・領事館に持参してビザ申請し、取得する。 この際在留資格認定証明書は返却を受け、大切に保管する。
C.

ビザを取得したら、それを持って来日する。空港で入国審査官にパスポートと在留資格認定証明書を渡し、
パスポートに上陸許可の証印を押印して貰い、入国する。なお在留資格認定証明書は入国審査官が取る
(同証明書と引換えに就労許可の証印を貰う)。

※在留資格認定証明書の日付が3ヶ月以内に入国しなければならない。

目次に戻る ページのTOPに戻る

10.日本人と結婚した、日本人の子として出生した


手続
(1) 外国から下記の者をよびよせたい
日本人と結婚している者
日本人の子として出生した者
日本人の特別養子
日本人の6歳未満の養子
日本人の配偶者の連れ子
日系2世
日系3世
日系2世の配偶者
日系3世の配偶者
日系4世
定住者の配偶者、定住者の扶養を受けて生活する未成年で未婚の実子及び6歳未満の養子

次の手続をとる。
@.法務省入国管理局に在留資格認定証明書交付申請をし、同証明書を取得する。

A.同証明書を来日希望外国人に送る。

B.外国人はパスポート、写真と同証明書を現地日本大使館・領事館に持参してビザ申請し、取得する。 この際在留資格認定証明書は返却を受け、大切に保管する。

C.ビザを取得したら、それを持って来日する。空港で入国審査官にパスポートと在留資格認定証明書を渡し、 パスポートに上陸許可の証印を押印して貰い、入国する。なお在留資格認定証明書は入国審査官が取る (同証明書と引換えに就労許可の証印を貰う)。
※在留資格認定証明書の日付が3ヶ月以内に入国しなければならない。
(2) 日本で結婚した
@.市・区(町村)役所に婚姻届を提出する。
A.入国管理局に在留資格変更申請をする。
(3) 日本で子供がうまれた
@.出生証明書をもって市・区(町村)役所に行き、外国人登録をする。
A.在日大使館・領事館でパスポートの申請をする。
B.入国管理局に在留資格取得許可申請をする(出生から30日以内、パスポートができていなくてもよい。)
目次に戻る ページのTOPに戻る

13.日本国籍を取得(帰化)したい


手続
帰化許可申請書を作成し法務局に提出する。
目次に戻る ページのTOPに戻る


Copyright (C) 大西法務労務事務所 All Rights Reserved.